長期戦は諦める事が勝つ為に必要である理由

f:id:YukaYuka-atopy:20170723120027j:plain

いつもブログを読んで下さり有難うございます。

 

重度の小児アトピーを17年で

克服したYukaです。

 

 

今日は、アトピーっ子が

幼稚園や学校に行きたくない問題の

解決方法についてお話します。

 

 

その、17年の間で幸い一度も、

行かない時期が長期的に続いた事が

無かったという経歴があります。

 

 

かといって、

「イジメ」や「嫌がらせ」が

一度も無かったかと言えば

答えは「NO」です。

 

 

ある意味それが、普通になって

しまっていたので、

「また、相手が変わっただけか。」

くらいにしか、思っていなかったです。

 

 

あなたのお子さんの中にも

ぐずっていたり、帰ってくる度に、

もう行きたくないと言われて

困っている方がいると思います。

 

 

その、ぐずったり

もう行きたくないという言葉を

このブログを読み終えたあなたは

減らす事が出来ると思います。

 

 

今日は1つだけ、

長年の経験から言える事を

お伝えします。

 

諦めること=負けることなのか?

f:id:YukaYuka-atopy:20170725205930j:plain

 

「諦めれば?」という言葉を

当時、私はよく母親から

言われていました。

 

 

私は、超負けず嫌いな性格なので、

「諦めること」=負ける事だと、

捉えていた時期は、反抗心丸出しで

頑張り過ぎていました。

 

 

母親の諦めれば?という言葉を聞く度に、

そこまで一生懸命やってきて

諦めるという事が

やるせない気持ちになる事は多かったです。

 

 

「ここで終わったら駄目だ。」とか、

「もうちょっと、頑張る。」とか、

言いながら、やり切ってしまう事が多く

ありました。

 

 

ですが、今振り返ってみれば

自分が傷つかない為に一端

諦めるという手段もあったのだと

思う事があります。

 

 

その時の自分が持っている

対抗出来る容量はその子によって

違うと思います。

 

 

なので、今すぐ対抗しようとして

無理に抗おうとしない事も

1つの戦略だと思うのです。

 

 

長期的な目で見て

自分で対抗出来る力を身につけるまで

とりあえず負けておくという感覚

凄く大事だと思います。

 

 

それは、アトピーの治療の

戦略から得た1つの

自分を守る為の手段です。

 

とりあえず今は負けておこうか

f:id:YukaYuka-atopy:20170725212113j:plain

あなたとあなたのお子さんのゴールは

アトピーを完治させる事だと

思います。

 

 

それが、親子にとって

最大の喜びであるならば、

今目の前の周囲で起こっている事は

一時的なものに過ぎません。

 

 

最終的にアトピーを克服する為

今からこの言葉を唱えてみて下さい。

 

「とりあえず負けとこうか。

後で、勝てれば良いのだから。」