立ちはだかる人の目の壁を解決する魔法の言葉

f:id:YukaYuka-atopy:20170723120027j:plain

 

いつもブログを読んで頂き有難うございます。

 

重度の小児アトピーを17年で

克服したYukaです。

 

 

今日は、

アトピーっ子の自意識過剰問題

についてお話しようと思います。

 

 

この自意識過剰問題は、

私の場合は、

アトピーが改善され始めた頃

よく言われていました。

 

 

本人も家族も気づかないケースがある事の

1つかもしれません。

 

 

ですが、このブログを読んだあなたは、

誰よりも先にあなたのお子さんに

そんなに自分の事を意識する必要は無い事を

伝えられる事が出来ます。

 

 

少し、想像してみて下さい。

 

 

あなたのお子さんが外に出ても

自分の事ばかり気にしている光景。

 

 

止めたくなりますよね。

せっかく外にいるのだから、

外の生活を楽しんで貰いたいですよね。

 

 

それでは、行きましょう。

 

アトピーっ子の自意識過剰問題

f:id:YukaYuka-atopy:20170725215439j:plain

 

私は、今アトピーを克服して

5年目になりますが、

自分でも気づいている

自意識過剰な所が3つあります。

 

 

1つ目は、

「家の中では見ないのに外に出ると、

何故か鏡を見過ぎてしまう問題」

 

 

2つ目は、

「話を聞いている時に

注意されると全部自分に言われていると

勘違いしてしまう問題」

 

 

3つ目は、

「人と目が合うと、

自分の何を見られていたのか

気になる問題」

 

 

自分でも厄介だと思っているのですが、

アトピーがあった頃についてしまった

癖は中々治りません。

 

 

例えば、1つ目の

家の中では見ないのに、外の鏡が気になる問題。

 

 

実は私は、顔に関しては

アトピーだけでなく右目は眼瞼下垂で、

視力が悪かったので

メガネをかけていました。

 

 

家では、家族だけなので、

大して気にならなず、

鏡を見る事は無いのですが、

 

外に出ると人の目が

気になってしまう恐怖感からか

今何を見られていたんだろうと

気にする癖がついてしまっていた様です。

 

 

例に上げた3つのどれにも

言える事なのですが、

 

アトピーがあった頃の自信の無さが

そのまま、人にどう思われるかが

気になりすぎてしまう事に

繋がってしまっていたのです。

 

 

自意識過剰になりやすい過去を

もっているお子さんを育てているという事を

先に知っておくと、

 

「そんなに、あなたの事を見ている人は

いないよ。」という一言で

アトピーっ子が救われる瞬間が

必ずあります。

 

 

私の場合は、他人にその言葉を

言われて「ホッ」とする事が多々あります。

 

 

気にする事が好きで気にしている訳ではなく、

恐怖感から気にし過ぎている自分を

開放してくれる言葉なのです。

 

 

「もう、気にしなくていいんだな。」

と、思える事は、

とても楽になります。

 

 

あなたの事を

そんなに見ている人はいない

f:id:YukaYuka-atopy:20170725222220j:plain

 

では、今日から、あなたのお子さんと

外出した時に、

お子さんが鏡を見すぎていないか

少し気にしてみて下さい。

 

 

もし、異様に鏡を見すぎている事に

気づいたら

「そんなに、鏡を見過ぎないでも

大丈夫だよ。」と、伝えて下さい。

 

 

もしかしたら、あなたのお子さんも

鏡を見たくて見ているのでは無い

かもしれません。